お知らせSmart YCV Boxソフト更新のお知らせ

お客さま各位

平素は横浜ケーブルビジョンをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

このたびSmart YCV Boxのソフトウェアのバージョンアップを実施させていただきます。

バージョンアップは、Smart YCV Boxで任意のBS放送を10分以上視聴状態にした後、
Smart YCV Boxの電源をOFFにすると自動的に行われます。

※電源プラグは抜かないようにお願いいたします。

【開始日】
2018年10月18日(木)以降順次

【対象機種】
・WA-7000RN/WA-8000
・WA-7600/WA-8600

【ソフトウェアダウンロードによる変更内容】
・エラーコードメッセージの一部変更
・契約コースに合わせたチャンネル表示
※ご契約コースで視聴可能なチャンネルのみが、EPG(チューナーの番組表)に表示されるようになります。
※一部対応しないチューナーがあります。オプションチャンネル(有料)は未契約でも表示されます。
※新ソフトウェア適用後、数日中に適用されます。

【現在のバージョンを確認する方法】
・リモコンの「ホーム」ボタンを押す
・ホーム画面右下に、現在のバージョンが表示される

WA-7000RN/WA-8000⇒新Ver 4.54
WA-7600/WA-8600⇒新Ver 2.52

【ソフトウェアの具体的なバージョンアップ方法】

【1】Smart YCV BoxでBS放送のチャンネルを10分以上受信します。
     視聴していなくてもSmart YCV Boxが受信状態であれば問題ありません。

 

【2】1日10回程度一定時間内にソフトウェアのダウンロードを行います。時間になるとソフトウェアの

   ダウンロードが開始されるので、開始時間から2時間30分以上待機してください。

     ダウンロード中はSmart YCV Boxの電源はONでもOFFでも構いません。

     二番組同時録画が実行されると、その回のダウンロードは中断されますのでご注意ください。


【3】待機した後、Smart YCV Boxの電源をOFFにした時にダウンロードの内容が適用されます。
  ダウンロード内容の適用中は、Smart YCV Box本体のチャンネル番号表示部分にカウントアップが
  表示されます。
   「d001」から「d100」までカウントしていき、適用完了すると「End」と表示されます。

一覧に戻る