インターネット迷惑メール対策機能

利用方法

迷惑メール対策機能

迷惑メール対策機能迷惑メールを自動的に判別し、受信ボックスへの配信を防止する機能です。
保護レベルの設定や、迷惑メールと判定されたメールの保存場所の設定、迷惑メールのフィルタリングルールのカスタマイズなど、お客様のご利用状況にあった設定にすることができます。

画面マカフィーでは「受信トレイ」以下に「McAfee Anti-Spam」というサブフォルダを作成します(Windows Mailの場合)。
スパムメールとして判定されたメールは件名に[SPAM]とタグが追加されて、「McAfee Anti-Spam」フォルダに受信トレイから移動して保存されます。

迷惑メール対策設定方法

STEP.1マカフィーを起動します

マカフィー マカフィーアイコンをダブルクリックしてマカフィーを起動してください。

STEP.2メイン画面が表示されます

  1. 「ウェブとメールの保護」をクリックしてください。
    画面
  2. 「迷惑メール対策」をクリックしてください。
    画面

STEP.3迷惑メール対策機能の一覧が表示されます。

画面

1.迷惑メールの判定基準を変更したい

  1. 「迷惑メールの保護レベル」をクリックします。
    画面
  2. 保護レベルを変更し、「適用」をクリックします。
    画面

2.迷惑メールの処理方法や通知方法を変更したい

  1. 「メールの処理」をクリックします。
    画面
  2. 以下の設定を変更することができます。
    • 迷惑メールとフィッシング詐欺メールに判定されたメールに付けるタグ
    • 迷惑メールとフィッシング詐欺メールに判定されたメールの保存場所
    • 判定しないメールサイズ
    • 迷惑メールルールの更新間隔
    • マカフィーに通知する条件
    変更後、「適用」をクリックします。
    画面

3.迷惑メール対策ツールバーの表示を変更したい

※迷惑メール対策ツールバーとは・・・
迷惑メール対策がメールプログラムに追加したツールバーを使用すると、
メールごとにマークを設定または解除することができます。
フィルタリングの結果が正しくない場合には、メッセージの状態を変更できます。

  1. 「迷惑メール対策ツールバー」をクリックします。
    画面
  2. 迷惑メール対策ツールバーの表示したいメールソフトにはチェックを入れ、表示したくないメールソフトのチェックははずします。
    変更後、「適用」をクリックします。
    画面

4.フィルタリングルールをカスタマイズしたい。

  1. 「カスタム フィルタリング ルール」をクリックします。
    画面
  2. 「追加」をクリックします。
    画面
  3. フィルタリングしたいメールのルール(アクション、フィールド、条件、語句)を設定し、「適用」をクリックします。
    画面

5-1.信頼する相手からのメールは迷惑メールと判定されないようにしたい/特定のメールアドレスまたはドメインを登録する

  1. 「友人リスト」をクリックします
    友人リストに登録したメールアドレスまたはドメインから送信されるメールは内容に関わらず迷惑メールと判定されなくなります。
    個人の送信元からのメールを常に許可したい場合は、メールアドレス単位で友人リストに追加します。
    ドメイン単位で許可すると、そのドメインを持つメールアドレスから送付されるメールはすべて迷惑メールと判定されなくなります。
    画面
  2. 「追加」をクリックします。
    画面
  3. 「名前」に任意の名称を入力し、「メールアドレス」に追加したいメールアドレスまたはドメインを入力します。
    「タイプ」ではメールアドレスの場合は「1つのメールアドレス」、ドメインの場合は「ドメイン全体」を選択し、「適用」をクリックします。
    画面

5-2.信頼する相手からのメールは迷惑メールと判定されないようにしたい/アドレス帳に登録されたメールアドレスを登録する

  1. 「友人リスト」をクリックします
    友人リストに登録したメールアドレスまたはドメインから送信されるメールは内容に関わらず迷惑メールと判定されなくなります。
    個人の送信元からのメールを常に許可したい場合は、メールアドレス単位で友人リストに追加します。
    ドメイン単位で許可すると、そのドメインを持つメールアドレスから送付されるメールはすべて迷惑メールと判定されなくなります。
    画面
  2. 「インポート」をクリックします。
    画面
  3. 「アドレス帳」で、現在ご利用されているメールソフトを指定し、「インポート」をクリックします。
    画面

6.ウェブメールの迷惑メール対策をしたい。

  1. 「ウェブ メール フィルタリング ルール」をクリックします。
    メールをブラウザーで参照する場合、ウェブ メール アカウントのメッセージをフィルタリングするように迷惑メール対策をセットアップする必要があります。
    迷惑メール対策は、メール サーバーに直接接続し、ウェブ メール アカウントが受信する前にメッセージをフィルタリングします。

    迷惑メール対策は、次のウェブ メール アカウントをフィルタリングします。

    • POP3 ウェブメール (例: Yahoo!)
    • Microsoft Hotmail
    画面
  2. 「追加」をクリックします。
    画面
  3. 「ウェブメールアドレス」、「サーバーアドレス」、「ポート」、「ユーザー名」、「パスワード」、「迷惑メールをチェックする頻度」、「起動時に確認」の有無を入力し、「適用」をクリックします。
    画面

7.特定の言語が使用されたメールをブロックまたは許可したい。

  1. 「文字セット」をクリックします。
    画面
  2. 「追加または削除する言語を選択し、「編集」をクリックします。
    画面
  3. 「許可」または「ブロック」選択し、「適用」をクリックします。
    画面

8.ウェブメールフィルタリングルールでフィルタリングされたメールを確認したい。

  1. 「フィルタリングされたウェブメール」をクリックします。
    画面
  2. フィルタリングされたメールを確認できます。
    また、フィルタリングされたメッセージは削除できます。
    パソコン上の安全なフォルダーにエクスポートして開くこともできます。
    画面