YCVチャンネルかながわ らく楽ウォーキング WEB版

【1月】旧東海道の歴史とグルメ。今と昔の魅力が詰まったウォーキングコース
~藤沢市エリア~

【トータル歩数】
6834
【消費カロリー】
252キロカロリー

※歩数と消費カロリーは、目安です。

① 10:00 小田急江ノ島線「藤沢本町駅」を出発!源義経公が祀られる「相州藤沢 白旗神社」へ。(「藤沢本町駅」から徒歩約5分)

学生や地元の人々でにぎわう藤沢本町駅が今回のスタート地点。旧東海道の歴史が感じられる藤沢市を散策します。

駅前の通りを進み国道467号方面へ向かう先に見えてくるのが、神々しい巨大な鳥居。「相州藤沢 白旗神社」は源義経公を祀る、由緒ある神社です。創立年代は不明ですが、鎌倉時代以前は「寒川神社」と呼ばれ、寒川比古命(さむかわひこのみこと:相模の国 寒川神社の神様)が祀られていました。源義経公の没後、源頼朝公の指示により義経公を白旗明神として祀ったことから「白旗神社」と呼ばれるようになったそうです。

騎馬に乗った源義経公と弁慶が並ぶ銅像は迫力満点!歴史上のヒーローに想いを馳せながら、ゆっくりと心を清めてはいかがでしょうか。

お散歩を楽しむマメ知識
ふれると健康に!「弁慶の力石」

社殿の脇にある、亀の甲羅に似た「弁慶の力石」。昔、若者たちがこの石で力比べをしたそうです。別名「神石」とも呼ばれ、石にふれると健康に過ごせるという言い伝えがあります。

② 11:00 「藤沢市ふじさわ宿交流館」で宿場町の藤沢へタイムスリップ!
(①「相州藤沢 白旗神社」から徒歩約14分)

白旗神社を出たら、国道467号線を藤沢方面へ。ここは旧東海道。藤沢はかつて宿場町としてにぎわいをみせた街です。次の目的地「藤沢市ふじさわ宿交流館」では、資料や展示物から当時の様子を学ぶことができます。

江戸から50kmほどの場所にある藤沢は、京都へ向かう交通の要所「藤沢宿」として栄えました。大山や江の島へ向かう参拝客もこの街に立ち寄ったほか、当時から寺社仏閣が点在する観光名所としても人気があり、多くの人が集まりました。

施設内には宿場町の模型や当時の旅人の荷物が展示されています。眠るときに貴重品を収納する「箱枕」や「わらじ」など、今では珍しい江戸時代の旅の必需品がズラリ!街の歴史を気軽に学べるスポットです。

お散歩を楽しむマメ知識
藤沢宿を代表する「遊行寺橋」

江戸時代には大名行列が渡ったと言われる遊行寺橋。当時は橋の近くに江の島一の鳥居があり、参道の入り口としてもにぎわいました。旧東海道沿いには歴史に関する案内板が設置されています。案内板を見ながら散策するのも楽しそうです!

③ 11:45 趣ある石畳の道。地域に親しまれ続ける「遊行寺」で自然と歴史を満喫。
(②「藤沢市ふじさわ宿交流館」からすぐ)

藤沢市ふじさわ宿交流館の目の前にある遊行寺は、自然が彩る美しい景色が広がるお寺。総門から本堂へと続く道は「いろは坂」として地元の人々に親しまれ、春には両脇に植えられた桜が人々の目を楽しませてくれます。

遊行寺は「一遍上人」の総本山。10歳で出家し僧侶の道を歩み始めた一遍上人は、旅先で念仏札を配りながら人々に念仏を広めていきました。1282年には鎌倉入りを目指したものの、警護の武士に阻まれてしまいます。鎌倉での布教は叶いませんでしたが、藤沢で布教活動を続けました。

境内の中央にそびえたつ大イチョウは遊行寺のシンボル的な存在。樹齢は650~700年と推定される長寿の木で、高さ20m、太さ7mと圧巻の大きさです。過去の台風被害で木の3分の1が折れてしまいましたが、見事に復活!藤沢市の天然記念物にも指定されており、紅葉シーズンには金色の葉がとても華やかです。

お散歩を楽しむマメ知識
江戸の金魚が大集合!そのワケは…?

境内にある徳川家ゆかりの放生池。徳川綱吉の時代、生類憐みの令の発行に伴って江戸中の金魚たちが集められ、この池に放たれたと言われています。

④ 12:30 おいしいパンで地域を結ぶ「ブーランジェリー YUI藤沢本店」でお買い物!
(③「遊行寺」から徒歩約18分)

かわいらしい看板が目印の「ブーランジェリー YUI藤沢本店」は、オープンして8年目を迎える地元で人気のパン屋さん。店名「YUI」の由来は「結」。パンを通して地域の人々を「結」び付けたいという願いが込められているそうです。パンの種類はなんと約80種類!「子どもからお年寄りまで、誰でもおいしく食べられるパン作り」をモットーに、見た目も味もさまざまなパンを販売しています。お土産にも喜ばれそうですね♪

【お店のおすすめ】
●スーパー大麦 バーリーマックス食パン
オーストラリア産の大麦バーリーマックスを使用したこちらの食パンの特徴は、レタスの7倍分もの食物繊維!5枚切りの食パンを1枚食べるだけで1日分の食物繊維が摂れるのだとか。大麦の香りと甘みが広がるふわふわの食パン。2,3日たってもしっとり感が続くそうです。

●カレーパン
幅広い年代から人気のカレーパンがリニューアル!カカオなどのスパイスを隠し味として加え、コク深い味わいになりました。スパイシーさと合わせて、旨味と甘みが感じられるこだわりの一品です。

お散歩を楽しむマメ知識
箱根駅伝でおなじみの遊行寺坂

遊行寺からお店へ向かう途中にある急こう配の坂は、箱根駅伝のコースとしても知られる遊行寺坂。良い運動になりそうです!

⑤ 13:00 昔ながらの銭湯「富士見湯」でリラックスタイム~♪(④「ブーランジェリー YUI藤沢本店」から徒歩約20分)

ウォーキングの後は、お風呂屋さんでホッと一息。大きな「ゆ」の字が目印の「富士見湯」は昭和20年創業、親子三代に渡って営業を続ける老舗の銭湯です。軟水を使用したお肌に優しいお風呂で、地元の人々を癒し続けています。

浴場一面に描かれたタイル画は、お城や草花が描かれてレトロな雰囲気。水圧で全身の疲れをほぐすボディマッサージのお風呂など、さまざまな種類のお風呂が楽しめます。入浴タイムでのんびりリフレッシュしましょう♪

⑥ 14:00 小田急江ノ島線「藤沢駅北口」に到着!おつかれさまでした♪
(⑤「富士見湯」から徒歩約8分)

まとめ
かつて宿場町として栄えた「藤沢」の今と昔にふれる今回のウォーキングコース。5kmほどのコンパクトなコースの中に、歴史スポットやグルメなどたくさんの魅力が詰まっています。運動不足が気になる方も、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

※この記事は番組内容をもとに掲載しております(ライター:杉野 遥)
※掲載内容は、2021年1月OA(放送)当時の情報です。最新情報は、直接店舗にご確認ください。

原 アンナ

かながわ らく楽ウォーキング レポーター紹介♪

原 アンナ
1985年8月21日生まれ

<経歴>
2007年度 ミス名城大学
2009年度 ミス・インターナショナルファイナリスト
2016年度 食のなでしこグランプリ受賞
3代目 マルハン イメージタレント

テレビ、ドラマ、CMを中心にマルチタレントとして活躍
しながらフードアナリスト・ナチュラルフードコーディネーター、
メンタルケア相談士・ピアカウンセラーなど様々な資格を取得。
2012年より「かながわ らく楽ウォーキング」のレポーターを務める。

<公式サイト >
www.kdashstage.jp/profile/archives/46

YCVチャンネルでは「かながわ らく楽ウォーキング」の他にも「地域情報便 じもっと!!」、「地域発信バラエティー のんビリー行こう」、「テレミン体操で元気だミン!」など
地元を紹介する番組や生活に役立つ番組がたくさん。知ればもっと好きになる!
ケーブルテレビのある暮らしをはじめてみませんか?

ツイッター

特典キャンペーン

YCVチャンネル

料金を知りたい場合は
料金シミュレーションはこちら