YCVチャンネルかながわ らく楽ウォーキング WEB版

【6月】のどかな里山風景と温かいおもてなしを堪能!~横浜市青葉区「寺家ふるさと村」~
<2018年6月の散策コースをアンコール放送>

【トータル歩数】
8195
【消費カロリー】
212キロカロリー

※歩数と消費カロリーは、目安です。

①10:00 東急田園都市線「青葉台駅」から出発!バスに乗って「寺家ふるさと村」へ

渋谷駅から急行で30分ほどの場所にある東急田園都市線「青葉台駅」が今日の出発点。ここからバスに乗って寺家ふるさと村へ向かいます。

【寺家ふるさと村への行き方】
▼青葉台駅に着いたら、バスロータリーの2番のりばへ
▼「寺家町循環 鴨志田団地方面」のバスに乗車して約15分。「鴨志田団地」バス停で下車
▼「鴨志田団地バス停」近くに寺家ふるさと村の入口があります。

②10:30 まずは「寺家ふるさと村 四季の家」で情報収集!(①「鴨志田団地バス停」から徒歩約5分)

寺家ふるさと村に着いたら最初に訪れたいのが、総合案内所である「寺家ふるさと村 四季の家」。

広大なふるさと村の情報を集めて、散策に備えましょう♪

四季の家では、地域の自然を伝える資料の展示や休憩スペースが設けられています。水槽には絶滅危惧種の「横浜メダカ」や、国の天然記念物の「ミヤコタナゴ」などが元気に泳ぐ姿も。古くから横浜の清流に生息する魚たちの姿を観賞することができます。案内所内では寺家ふるさと村のガイドマップや、敷地内に生息する野鳥や草花を紹介する資料などを無料配布。散策のガイドブックとしてぜひゲットしておきましょう!

お散歩を楽しむマメ知識
地場の新鮮野菜も販売!

番組で訪れた際には、入口で寺家で採れた野菜を販売していました!初夏にはズッキーニやトマトなど、すくすく育った野菜がズラリと並んでいます。 ※営業日についてはお問い合わせください。

③11:00 のどかな里山風景を眺めながら「へら鮒 熊の池」へ!(②「寺家ふるさと村 四季の家」から徒歩約9分)

四季の家を出て、いよいよ散策スタート!森に囲まれた田園が広がる、のどかな里山の風景を堪能します。人の営みと自然が調和する里山は都市部では希少な存在ですが、「寺家ふるさと村」は地元の方々の努力によって大切に保存されています。

「寺家ふるさとの森」という看板が見えたら左へ進みます。看板から3分程歩くと、「へら鮒 熊の池」が見えてきます。熊野池は、もともと稲作に必要な水を確保するために地元農家の方が作った人工のため池でしたが、現在は釣り堀として開放。ヘラブナ釣りが楽しめるスポットとして親しまれています。

※釣り具のレンタルはありません

お散歩を楽しむマメ知識
こんな愛らしい姿も♪

田園近くではカモがひとやすみ。運が良ければお昼寝の様子が観察できるかもしれません!

④11:30 自然を満喫!「寺家ふるさとの森」で森林浴ウォーキング♪(③「へら鮒 熊の池」からすぐ)

「へら鮒 熊の池」を出たら、深い森の中で森林浴を楽しみましょう。「寺家ふるさとの森」は緑が香り、にぎやかな野鳥のさえずりが聴こえる贅沢な自然スポットです。遊歩道が整備されていますので、安心して散策が楽しめます。

区域内には5つのため池がありますが、中でも一番大きなため池が「大池」。地元では名水と呼ばれ、地域の水瓶として大切にされています。甲羅干しをするカメの姿も印象的です。他にも静寂の中に佇む幻想的な「むじな池」など、雰囲気の異なる ため池 を巡るのも散策の見どころです。

お散歩を楽しむマメ知識
珍しい水車小屋も!

森を抜けて田園に出ると、ゆったりと回転する水車が。昔ながらの風景を写真におさめるのも楽しいですね♪

⑤12:30 「Blue DOOR Coffee」でひと休み。20種類のコーヒー豆からお気に入りをセレクト!(④「水車小屋」から徒歩約10分)

水車小屋を通り過ぎて10分程歩くと、青い扉が目印のコーヒーショップ「Blue DOOR Coffee」に到着!こちらのお店では、20種類以上のコーヒー豆の中からお好みに応じて店長がおすすめの一杯をセレクト!特別なコーヒータイムが楽しめます。

コーヒー豆は浅煎りから最近では珍しい深煎りまで、幅広いラインナップを揃えています。50年物の焙煎機を使って焙煎しているとか!店長のこだわりが感じられますね!

番組では浅煎りと深煎りの2種類を飲み比べ!ほんのりとした酸味で飲みやすい浅煎りと、コクと苦みが感じられる深煎り。同じコーヒーでも全く違う味わいにレポーターのアンナさんも驚いていました。ちなみにアンナさんのお気に入りは「深煎り」だそうです。

⑥13:00 おなかが空いたら「JIKE STUDIO CAFE」で寺家グルメを堪能♪(⑤「Blue DOOR Coffee」から徒歩約10分)

「ふるさと村テニスクラブ」バス停を越えて交差点を左手に曲がった場所にある「JIKE STUDIO CAFE」は、カフェとギャラリーが併設するお店。大きな窓から陽射しが差し込む店内で、お皿やアクセサリーといったおしゃれな雑貨のお買い物やグルメが一度に楽しめます。ギャラリーでは、さまざまなジャンルのアーティストによる個展や音楽イベントが開催されています。

番組では旬の食材を使った「デザート盛り合わせ付きランチ」をいただきました。
メインの青山椒を使った牛肉コロッケは、山椒塩でジャガイモの甘みが引き立つおいしい一品。隠し味に山椒の実も入っているというユニークなコロッケです。サラダは寺家で採れた野菜をふんだんに使ったグリーンサラダ。生で食べられる春菊など素材の味をしっかりと味わえます。ほぼ無農薬というのも嬉しいですね♪

毎朝お店で焼いている自家製のパンも◎。デザートは豪華な3点!しっとりしたブルーベリーチーズケーキにビターな香りで大人風味のチョコレートムース、コロンとした見た目もかわいい抹茶クッキーをいただきました。

※現在のメニューについて、詳しくはホームページをご確認ください。テイクアウトも行っています。

お散歩を楽しむマメ知識
裏手の「JIKE HOUSE」も必見♪

家具やグリーンの販売のほか企画展・ワークショップを開催しています。

~こだわりのお店やアトリエに出逢えるのも「寺家ふるさと村」の魅力~

寺家ふるさと村の区域内では「Blue DOOR Coffee」の他にも野菜の直売所や個性的な店舗・アトリエが点在しています。お時間のある方はぜひ立ち寄ってみてください♪

【陶芸舎】
数々の受賞歴をもつ野中春利さんのアトリエ。陶芸品が購入できるほか、体験教室も開催されています。

【HALF MOON FURNITURE WORKSHOP】
ふるさと村に惹かれたアーティストが集まる工房。オーダーメイドの家具を製作してくれます。

⑦14:00 「寺家町バス停」に到着!おつかれさまでした♪

~散策の疲れをリフレッシュするなら「ヨコヤマユーランド緑 八朔の湯」~
(東急田園都市線「青葉台駅」からシャトルバスで約10分)

和風と洋風、週替わりで2種類のお風呂が楽しめるこちらのスーパー銭湯。番組では和風のお風呂を体験しました。

屋外では露天の岩風呂や歩行浴を満喫!各地にある天然温泉の泉質を分析し再現したという岩風呂は42℃とやや熱めのお湯で、体の芯までぽかぽか温めてくれます。浴槽の下に敷き詰められた石が足裏を刺激する歩行浴は、イタ気持ちいい刺激がクセになりそう♪

室内には大浴場や3種類のエステバス、サウナも完備されています。陽射しが差し込む大浴場は開放的で気分爽快!サラサラとした湯触りの心地よいお風呂です。エステバスではお腹・腰・足と各部分にお湯が噴き出し、温熱と水圧で体をほぐしてくれます。

散策でがんばった体もしっかり癒されそうです♪

まとめ
今回は、2018年6月放送に放送した都会でのどかな里山風景を満喫する「寺家ふるさと村」をめぐるウォーキングコースをご紹介しました。
自然散策はもちろん、グルメやアトリエなども満喫できるので、1日中飽きずに楽しめるのではないでしょうか?
そして風景の美しさが自然を守る大切さを改めて教えてくれるような気がします。
遠出をせずに旅行気分を楽しみたい時など、ぜひ一度訪れてみてくださいね!

※この記事は番組内容をもとに掲載しております(ライター:杉野 遥)
※掲載内容は、2018年6月OA(放送)当時の情報です。最新情報は、直接店舗にご確認ください。

原 アンナ

かながわ らく楽ウォーキング レポーター紹介♪

原 アンナ
1985年8月21日生まれ

<経歴>
2007年度 ミス名城大学
2009年度 ミス・インターナショナルファイナリスト
2016年度 食のなでしこグランプリ受賞
3代目 マルハン イメージタレント

テレビ、ドラマ、CMを中心にマルチタレントとして活躍
しながらフードアナリスト・ナチュラルフードコーディネーター、
メンタルケア相談士・ピアカウンセラーなど様々な資格を取得。
2012年より「かながわ らく楽ウォーキング」のレポーターを務める。

<公式サイト >
www.kdashstage.jp/profile/archives/46

YCVチャンネルでは「かながわ らく楽ウォーキング」の他にも「地域情報便 じもっと!!」、「地域発信バラエティー のんビリー行こう」、「テレミン体操で元気だミン!」など
地元を紹介する番組や生活に役立つ番組がたくさん。知ればもっと好きになる!
ケーブルテレビのある暮らしをはじめてみませんか?

ツイッター

特典キャンペーン

YCVチャンネル

料金を知りたい場合は
料金シミュレーションはこちら