よくある質問から探す

インターネットに接続できない

  • インターネットに接続できない:有線接続の場合

    インターネット接続に関するお悩み、トラブルシュート手順はこちらをご覧ください。

    ①障害・メンテナンス情報を確認する。

    「障害・メンテナンス情報」はこちら

    ②ケーブルモデムを再起動(リセット)する。
     1) ケーブルモデム背面の同軸ケーブルが、しっかりと金具で固定されているか確認します。
       ※金具で固定されている同軸ケーブルは、絶対に抜かないでください。
     2) パソコンの電源を切ります。
     3) ケーブルモデムの電源コード(プラグ)をコンセントから抜きます。
     4) 約10秒後に、ケーブルモデムの電源コード(プラグ)をコンセントに挿し直します。

    ③パソコンの接続を確認する。
     1) ケーブルモデムとパソコンを接続しているLANケーブルを抜きます。
     2) パソコン側にLANケーブルを挿し直します。
     3) ケーブルモデムの背面にLANケーブルを挿し直します。
       ※LANケーブルは、カチッと音がするまで挿し込んでください。
       ※ルーターを併用されている場合は、ルーターの電源コード(プラグ)を抜いて、約10秒後に挿し直してください。

    ④パソコンの電源を入れて再起動をする。

    パソコンが再起動したら、インターネットに接続できるか確認します。

  • インターネットに接続できない:無線LAN(Wi-Fi)接続の場合

    インターネット接続に関するお悩み、トラブルシュート手順はこちらをご覧ください。

    ①障害・メンテナンス情報を確認する。

    「障害・メンテナンス情報」はこちら

    ②ケーブルモデムを再起動(リセット)する。
     1) ケーブルモデム背面の同軸ケーブルが、しっかりと金具で固定されているか確認します。
       ※金具で固定されている同軸ケーブルは、絶対に抜かないでください。
     2) パソコンの電源を切ります。
     3) ケーブルモデムの電源コード(プラグ)をコンセントから抜きます。
     4) 約10秒後に、ケーブルモデムの電源コード(プラグ)をコンセントに挿し直します。

    ③パソコンの電源を入れて再起動をする。

    パソコンが再起動したら、インターネットに接続できるか確認します。

無線LAN(Wi-Fi)の設定

  • 無線LAN(Wi-Fi)の設定方法を知りたい

    ①無線LAN(Wi-Fi)接続に必要な情報を確認する。

    ②SSIDとPASS KEY(パスワード)を控える。

    ③利用したい機器(パソコン・タブレット・スマートフォン・ゲーム機など)の無線設定画面(Wi-Fi設定画面)を開く。

    ④設定画面に出てくる無線リスト(Wi-Fiリスト)から、先ほど控えたSSIDと同じものを選択する。

    ⑤SSIDを選択するとPASS KEY(パスワード)の入力を求められるので、先ほど控えたPASS KEY(パスワード)を入力する。

有線・Wi‐Fi接続について

  • パソコンを複数台使いたい(2台目を購入したい)場合はどうしたらいいですか?

    複数台のパソコンをインターネットに同時に接続する場合、「YCV NET ホームWi-Fi※」をご用意しております。
    ※1Mコースは、月額利用料金にプラス500円(税抜)/月にてご利用いただけます。
    また市販のルーターをご用意いただき使用することも可能です。 ※ルーターはお客様でのご用意・設定となります。

    <ホームWi-Fi接続イメージ>

メール設定

  • メールの送受信が出来ないのですがどうしたらいいですか?
    メールの送受信ができない場合は、その解決方法を作業手順にそってチェックしてみてください。
    ■メールの送信も受信もできない
    1. まずは、 ホームページが表示できるかどうか確認する。
    2. ホームページが表示できる場合、メールソフトのアカウント設定を確認する。
    3. ホームページが表示できない場合、IPアドレスが正しく取得できているか確認してください。
    ■メールの送信ができない
    1. メール送信サーバー(SMTP)の設定を確認してください。
    2. メールが戻ってきてしまう場合は、送信先(宛先)のメールアドレスが間違っていたり変更されていないか、確認してください。
    ■メールの受信ができない
    1. アカウント(ユーザー)名もしくはパスワードを入力するウインドウが表示される場合、受信サーバー名(POP3)を確認してください。
    2. 「メールサーバーにログオンできませんでした」というメッセージが表示される場合、アカウント名もしくはパスワードが間違っていないか確認してください。
    メールアドレス メールアドレス
    @より前のみを入力した場合、メールの送信ができません。メールアドレスの全てを入力する必要があります。
    ユーザー名 mから始まる数字7桁 または yから始まる数字5桁をご入力ください。
    パスワード 設定するアドレスのパスワードを入力
    アカウント名 設定画面上で表示されます。任意の文字列を入力します。
    この名前を使用してメッセージを送信 送信したメールの[差出人]として表示されます。任意の名前を入力します。
    受信メールサーバー mail.catv-yokohama.ne.jp
    アカウントの種類 POP3
    メールの送信(SMTP)サーバー sa01.catv-yokohama.ne.jp sos01.catv-yokohama.ne.jp
    送信サーバーには、認証が必要です チェックをつけます。 チェックをつけます。
    送信メールに同じユーザー名とパスワードを使用する メールアドレスとパスワードを入力してください。 次のアカウントとパスワードでログインする
      アカウント名:メールアドレス
      パスワード :POPパスワード
    受信メールにはSSLが必要 チェックを外します。 チェックを外します。
    送信メールにはSSLが必要 チェックを外します。 チェックをつけます。
    ポート番号の指定

    sa01.catv-yokohama.ne.jpで設定した場合には、
    ポート番号を手動で「587」に設定する必要があります。

    <例>
    POP 110 mail.catv-yokohama.ne.jp

    SMTP Auth 587 sa01.catv-yokohama.ne.jp

    sos01.catv-yokohama.ne.jpで設定した場合には、
    ポート番号を手動で「465」に設定する必要があります。

    <例>
    POPoverSSL 995 pos01.catv-yokohama.ne.jp

    SMTPoverSSL 465 sos01.catv-yokohama.ne.jp

  • メールのパスワード/POPアカウントを忘れてしまったらどうしたらいいですか?

    「お客さま専用ページ」よりパスワード再発行、POPアカウントの確認ができます。

  • メールアドレスを変更・追加したいときはどうしたらいいですか?
    「お客さま専用ページ」よりメールアドレスの追加を行えます。
    メールアドレス変更の場合は、メールアドレスを削除していただき、新たにご登録ください。
    ※登録同月内はお客さま専用ページからの削除ができません。インターネットサポートセンター(045-366-0051)までお電話ください。

設定マニュアル

  • パソコンの初期設定方法を教えてください。
    YCV NETスタートガイド」をご参照ください。
    また、パソコン設定など出張サービスを行う「おまかせサポート」もございます。
  • パソコンを買い換えたのですが連絡等は必要ですか?
    連絡の必要はございません。
    初期設定などご不明な点がございましたら、「YCV NETスタートガイド」を参照いただくか、インターネットサポートセンター(045-366-0051)までお電話ください。

落雷・悪天候時の対処方法

  • 悪天候や落雷発生後にYCVサービスが利用できなくなった

    ご家庭の電気ブレーカーが落ちている可能性があります。
    電気ブレーカーが落ちていることにより、YCVにて設置した増幅器への電源供給が断たれ、YCVの信号を各部屋・各機器に送り届けることができず、サービスがご利用できない状態となる場合があります。各部屋の小さな電気ブレーカーも含め、普段上がっているもので落ちている電気ブレーカーがないかご確認ください。

    ※集合住宅の場合
    部屋の電気は点いていても、落雷後に、外廊下やエントランスなど共用部分の照明が消灯していたり、エレベーターやオートロックが停止していたりする場合などは、建物の共用電源ブレーカーが落ちている可能性があります。
    共用部の状況をご確認いただき、YCVコールセンター(0120-595-775)までご連絡をお願いいたします。

  • 悪天候や落雷発生後にYCVサービスがご利用いただけなくなった場合の対処方法

    機器のリセットや電源の抜き差しで復旧する可能性があります。
    落雷による機器故障の原因の大半は電源コンセント(電力線)から侵入する雷サージによるものですので、雷が接近する前に以下の対策を実施してください。

    <ご注意>

    • 雷の発生中に以下の作業を行うことは大変危険です。
    • 雷が近づいた場合には電源コンセント(電力線)に触れないでください。
    • ケーブルモデムに接続されている同軸ケーブルは絶対に抜かないでください。
      同軸ケーブルの抜き差しにより、接続に不具合が発生する可能性があり、
      その場合の修復費用は有償となります。
    ●YCV TV
    1. セットトップボックス(STB)、またはSmart YCV Box(SYB)のリセットボタンを押し、しばらくお待ちください。
    2. 自動的に電源が入らない場合は、チューナー本体の電源ボタンを押してください。
    3. 改善しない場合は、チューナー本体の電源コードの抜き差しをお願いいたします。
    ●YCV NET
    1. パソコンの電源を切ってください。
    2. ケーブルモデムの電源コードを抜いて数秒お待ちください。
    3. ケーブルモデムの電源コードを再度差し込んでください。
    4. ケーブルモデムのランプが正常に点灯するまでしばらくお待ちください。
    5. パソコンの電源を入れインターネットが利用可能かご確認ください。
    ※なお、ルーター等をご利用の場合は、ケーブルモデム、ルーター、パソコンの順に電源を入れなおしてください。
    ●YCV PHONE
    1. EMTA(電話機能つきケーブルモデム)の電源コードを抜いて数秒お待ちください。
    2. EMTA(電話機能つきケーブルモデム)の電源コードを再度差し込んでください。
    3. EMTA(電話機能つきケーブルモデム)のランプが正常に点灯するまでしばらくお待ちください。
    4. 電話が利用可能かご確認ください。
      (受話器を持ち上げて『ツー』という発信音がすればご利用いただけます。)

サービス内容

  • インターネットの通信速度はどのくらいですか?
    320Mコース:下り320Mbps、上り10Mbps
    40Mコース:下り40Mbps、上り2Mbps
    12Mコース:下り12Mbps、上り2Mbps
    1Mコース:下り1Mbps、上り512kbps
    ※YCVの通信速度はベストエフォート型サービスです。回線の混雑状況等により、通信速度が遅くなることがあります。通信速度を保証するサービスではありません。
    ※通信速度はお客さまのパソコン環境によっても異なります(利用しているパソコンのスペックやOS、インターネットならびに接続サイトの混雑状況、LANアダプターの性能、家庭内でLAN構築されている場合のLAN接続機器の規格や性能、ウイルス対策ソフトやパソコン常駐ソフトのインストール有無等)。
  • インターネットのセキュリティはどのような対策をしたらいいですか?
    インターネットは便利である反面、コンピュータウイルスやボットによる不正アクセスなどといった脅威も多数存在しています。 それらの脅威からパソコンを守るためのポイントは次のとおりです。お客さまの責任により、ご対応ください。
    1.OSやプログラムの更新(Windows Updateなど)があった場合は、必ずすぐに実行する
    2.セキュリティ対策ソフトを導入する
    3.ブロードバンドルータなどのファイアウォールを有効にする
    セキュリティ対策などご不明な点等ございましたら、インターネットサポートセンター(045-366-0051)までお電話ください。

マカフィー

  • マカフィー PC セキュリティセンター を利用できるパソコン環境を教えてください
    マカフィー PC セキュリティセンター の動作環境につきましてはこちらをご覧ください。
  • マカフィー PC セキュリティセンターのインストール方法を教えてください。
    こちらをご覧ください
  • マカフィー PC セキュリティセンター は他社のセキュリティソフトと併用できますか?
    マカフィー PC セキュリティセンターは、他社セキュリティソフトとの併用はできません。
    他社セキュリティソフトを利用している場合、マカフィー PC セキュリティセンターのインストール時に確認画面が表示されます。
    自動アンインストールができる他社セキュリティソフトについては、マカフィー PC セキュリティセンターのインストール時に自動でアンインストールを行うことができますが、以下のような画面が表示された場合は、手動でアンインストールしていただく必要があります。
    ■手動削除方法
    1. [プログラムを削除します]のリンクをクリックします。
    2. Windowsのプログラムインストール一覧が表示されますので、一覧より[互換性のないソフトウェア]として検出された製品を
      アンインストールしてください。
    3. アンインストール画面に表示された内容に沿ってアンインストールを実行してください。
      アンインストール後、パソコンを再起動します。
  • マカフィーのインストール時に、他社セキュリティソフトを利用しているか確認する方法はありますか?

    他社セキュリティソフトを利用している場合、マカフィー のインストール時に確認画面が表示されます。
    自動アンインストールができる他社セキュリティソフトについては、マカフィーのインストール時に自動でアンインストールを行うことができますが、以下のような画面が表示された場合は、手動でアンインストールしていただく必要があります。

    ----------------------------------------

    ■手動削除方法
    1. [プログラムを削除します]のリンクをクリックします。
    2. Windowsのプログラムインストール一覧が表示されますので、一覧より[互換性のないソフトウェア]として検出された製品を
      アンインストールしてください。
    3. アンインストール画面に表示された内容に沿ってアンインストールを実行してください。
      アンインストール後、パソコンを再起動します。
      ※上記削除方法で削除できない場合につきましては、当社では分かりかねますので、各セキュリティソフトメーカーへ
      お問い合わせいただきますようお願いいたします。
    4. パソコンの再起動後、マカフィーのインストールが再開されます。
  • 「マカフィー PC セキュリティセンター」は、市販の「マカフィー」とどこが違うのですか?
    マカフィー PC セキュリティセンターと市販のマカフィー製品との機能比較は以下の通りです。
    機能 マカフィー
    (PCセキュリティセンター)
    【市販】
    トータルプロテクション
    【市販】
    インターネットセキュリティ
    【市販】
    アンチウイルスプラス
    ウイルス、スパイウェア、マルウェアを阻止する完全なセキュリティ対策
    完全なセキュリティソフトウェアにより、危険なメールやウェブコンテンツだけでなく、ウイルス、トロイの木馬、スパイウェア、ルートキットなどのオンラインの脅威をスキャンし、ブロックします。
    リアルタイムの保護対策
    サイバー犯罪者は自身の存在を隠そうとします。不審なコンテンツやトラフィックを検出すると、マカフィー アクティブプロテクション™ がその危険度を瞬時に判別し、パソコンを保護します。
    双方向ファイアウォール
    インターネットセキュリティ対策の防御層により、不正な人物の侵入を阻止し、個人情報の流出を防ぎます。また、トラフィックを常時監視し、パソコンに対する不正なアクセスを阻止します。
    安全な検索とオンラインショッピング
    ウェブの検索結果の横に色別のアイコンを表示します。リンクをクリックする前にサイトの安全性を確認し、不正コードのインストール、フィッシング詐欺、スパムの送信を防ぐことが できます。
    起動時間とスキャン時間の短縮
    処理性能が向上したため、ネット閲覧、オンラインショッピング、ソーシャルネットワークの妨げになることはありません。デジタルライフを安心して楽しむことができます。
    デジタルデータの抹消
    重要なファイルを完全に消去します。パソコンを譲渡したり、リサイクルに出しても、消去した情報が復元されることはありません。
    パソコンの調整
    未使用のアプリケーションやキャッシュ内のブラウザーファイルはパソコンの処理速度を低下させる原因となります。マカフィー クイッククリーン™ は、このような不要なファイルを削除し、パソコンの処理速度を向上させます。これにより、ストレスなくデジタルライフを 楽しむことができます
    新機能 独自のボット対策
    ステルス性のボットネットソフトウェアをブロックし、犯罪者のウェブサイトに対する接続を阻止します。これにより、 パソコンからボットネットへの情報送信を未然に防ぎます。
    USB とリムーバブルドライブのスキャン 自動化
    ポータブル ストレージ デバイスにウイルスが感染すると、このデバイスを介して不正なコードが拡散する可能性があります。マカフィーのセキュリティ対策は、ポータブルメディアに感染した ウイルス、トロイの木馬、ワームなどを検出し、パソコンやネットワークへの侵入を阻止します。
    プリインストールスキャン
    多くのユーザーはウイルス感染後にマカフィーのセキュリティ対策を導入しています。マカフィーのソフトウェアはインストール時に感染を駆除するため、システムの復旧にも役立ちます。
    迷惑メール対策
    電子メールの大半は迷惑メールで、その多くが危険なメールや不快なメールです。マカフィーの迷惑メールフィルターは、このようなインターネット攻撃から常時保護します。
     
    保護者機能
    年齢別にルールやカテゴリを設定して、不適切なサイトをブロックしたり、インターネットの利用時間を制限することができます。子供でも安全にインターネットを利用できます。
     
    新機能
    閲覧レポートのレポートには、ログオン時間、禁止サイトへのアクセス回数、インターネット接続の合計時間などが表示されます。これにより、ネットに接続したユーザーと接続時刻を確認することができます。
     
    オンラインバックアップ
    デジタルカメラの写真やドキュメントなどをオンラインのサーバーへ自動的にバックアップし、大切なデータを守ります。
      2GB 1GB  
    無線LANの保護
    無線 LAN は非常に便利ですが、危険な面もあります。マカフィー ホームネットワーク保護は、無線 LAN を共有しているときに、犯罪者がパソコン上のパスワードや個人用ファイルを参照できないようにします。
       
    フィッシング詐欺対策
    強化されたマカフィー サイトアドバイザー® ライブが、ソーシャルメディア、メール、インスタントメッセージに含まれているリンクをチェックし、危険なサイトを事前に警告します。また、個人情報などの重要な情報を盗み出すフィッシング詐欺を未然に防ぎます。
       
    URLを安全に共有
    ソーシャルネットワークで面白いコンテンツのリンクを友人と安心して共有することができます。共有したリンクが危険な状態になると、クリックする前に警告を表示して友人を守ります。
       
    URLの短縮
    新たに統合された URL 短縮サービスにより、更新情報やツイートで安全な短縮 URL を使用できます。迷惑メールやマルウェアの心配なく、安全な短縮 URL を使用して情報を配信できます。
       
    フェイスブック安全診断
    ニュースフィードをスキャンし、危険なダウンロードやウェブサイトへのリンクの有無を警告。フェイスブックの友人にも警告可能です。 
           
    データ通信量管理
    インターネット回線の帯域幅の制限や従量課金がある場合、重要でない製品のセキュリティアップデートを制限。月々のデータ割当量の消費や、従量超過による料金の発生を防止します。
           
    高速自動アップデート
    パソコンの作業を中断させずに 5~15 分おきに保護を更新。最新の脅威に対する最先端の保護を実現します。
           
    ノーストレススキャン
    パソコンを使用していないときにだけ、スキャンおよび更新を実行。
           
  • 複数台のパソコンでマカフィーPC セキュリティセンター を利用できますか?

    マカフィー PC セキュリティセンター は、1アカウントにつき3台までご利用いただくことができます。

    ■2台目・3台目のパソコンへのお申し込み(インストール)方法
    ※1台目のお申し込み(インストール)方法と同じです。
    1台目にお申し込み(インストール)いただいた際の、コンテンツIDとパスワードをご利用ください。
    複数台のパソコンにマカフィー PC セキュリティセンターをインストールしている場合
    マカフィー PC セキュリティセンターのページよりログインし、ダウンロード画面まで進みますと、ログインしたアカウントでマカフィー PC セキュリティセンターをインストールしているパソコンの情報を確認することができます。
    マカフィーマークのついた、カラーのパソコン台数がマカフィー PC セキュリティセンター のインストール台数になります。(下の場合は2台インストールしています)
  • 「マカフィー PC セキュリティセンター」がインストールできない。
    「マカフィー PC セキュリティセンター」がインストールできない場合は、下記の各Q&Aをご参照願います。
  • ログイン後「処理異常が発生しました。時間をおいて再度お試しいただくか、改善されない場合はプレミアオプションサービスのサポート窓口までお問い合わせください。」とエラーが出て先に進めません。
    ■対処方法
    プレミアコンテンツサポートセンターへお電話ください。
    TEL:0120-911-839
  • ・「互換性の無いソフトウェアの削除」のメッセージが出た場合の対処方法
    ・削除したはずのセキュリティソフトが検知される場合の対処方法
    ・「インストールを続行できません」のエラーが出て先に進めません。
    ・インストールの途中で画面が止まってしまう場合の対処方法
    ■対処方法
    手順1:
    サービス申し込みに必要な動作環境を満たしているかどうか確認してください。 ・動作環境のご確認は こちら
    ※必要な動作環境を満たしていない場合は、マカフィーPC セキュリティセンターをご利用いただくことができません。
    手順2:
    マカフィーPC セキュリティセンター以外のセキュリティーソフトが、パソコン内に残っている場合は削除してください。
    競合製品のアンインストール・競合製品の削除ツールの実行方法は こちら
  • インストール中に画面が空白になって先に進めません。
    ■原因
    Internet Explorer内の一部プログラムを正常に読み込むことができない場合に発生します。
    解決するには次の方法をお試しください。
    ■対処方法
    手順1:
    サービス申し込みに必要な動作環境を満たしているかどうか確認してください。
    ・動作環境はのご確認はこちら
    ※必要な動作環境を満たしていない場合は、マカフィー PC セキュリティセンターをご利用いただくことができません。
    手順2:
    マカフィーPCセキュリティーセンターの「インストール初期障害対応ツール」を実行した後で、 再度インストールをお試しください。
    手順3:
    手順1、2で解決しない場合は、お手数ですがご利用のパソコンメーカーさまに以下の手順をご相談ください。
    ① 管理者権限付きのWindowsユーザーを新規作成してから再度インストールをお試しください。
    ② Internet Explorerの修復およびWindowsの復元を行ってから再度インストールをお試しください。
  • インストールを行っている途中で「McAfee Integrated Security Platform Installer を終了します。」のメッセージが表示されインストールができません。
    ■原因
    このエラーメッセージは、競合する製品のファイルやレジストリの一部がご使用のパソコン上に残存している時に発生する場合があります。
  • インストール障害初期対応ツールの利用手順
    マカフィーPC セキュリティセンターのインストールに失敗する場合は、「インストール障害初期対応ツール」をダウンロードし実行してください。
    ツール実行後に再度インストールをお試しください。

    --------------------------------------------------------------------------------

    ■インストール障害初期対応ツールを利用するケース
    ・インストール時にエラーが発生した場合
    ・インストール前に想定される障害要素を取り除いておく場合
    ■ツールの処理内容
    ツールは以下の処理を行ないます。処理内容にご同意いただける場合に、ツールを実行してください。
    インストール中のエラーが該当項目に関連している場合、ツール実行後インストールが可能になります。
    • ブラウザの設定変更
    • Internet Explorerのオプション設定に関し、以下変更を行います。
      1. (1)[セキュリティ]項目[SSL2.0を使用する]と[SSL3.0を使用する]にチェックを入れます。
      2. (2)[セキュリティ]項目[サーバ証明書の取り消しを確認する]のチェックを外します。
      3. (3)[ブラウズ]項目[スクリプトのデバッグを使用しない]にチェックを入れます。
        ※設定画面はInternet Explorerを開き、[ツール]-[インターネットオプション]-[詳細設定]タブからアクセスします
    • インターネット一時ファイルを削除します。
    • Cookie(マカフィー社に関連した項目のみ)を削除します。
    • ユーザープロファイル上のTEMPフォルダ内のファイルを削除します。
    • システム上のTEMPフォルダ内のファイルを削除します。
    • Internet Explorerの動作に必要なファイルの再登録を行います。(Windows Vista/7のみ)
    • DNSキャッシュを削除します。
    ■ツール名称
    • Windows 7 をご利用されている場合: McPreInstall.exe
    ■利用手順
    お客さまがご利用いただいているOSを選択してください。リンクをクリックするとOSにあわせた手順にジャンプします。
    Microsoft Windows 7の場合
    1. 管理者権限をもつユーザでコンピュータにログインします。
    2. ダウンロードを右クリックし、[対象をファイルに保存]をクリックします。
    3. 保存先を「デスクトップ」に指定して、[保存]をクリックします。
    4. McPreInstall.exeを実行する前に、起動中のブラウザやアプリは一度すべて終了してください。
    5. [McPreInstall.exe]を右クリック後[管理者として実行]をクリックします。
    6. ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[許可]または[はい]をクリックします。
    7. [OK]をクリックします。
    8. McAfee PreInstall Toolが起動します。[Start]をクリックしてください。
    9. しばらくすると自動的に処理が完了します。[OK]をクリックしてください。
    10. [Close]をクリックします。
    11. 一度、パソコンを再起動していただき、再起動後に製品のインストールを再度お試しください。
  • 競合製品のアンインストール・競合製品の削除ツールの実行方法
    ■対処方法
    以下の手順をご実施いただき現象が回避されることをご確認ください。
    手順1:
    競合製品のアンインストール
    1. ① 管理者権限を持ったユーザでWindowsにログインします。
    2. ②[スタート]ボタンから [コントロールパネル]→[プログラムの追加と削除]をクリックします。
    3. ③[現在インストールされているプログラム]の一覧が表示されます。
      この中からセキュリティ対策ソフトを選択して [変更と削除] ボタンをクリックします。

    ①,②,③の手順でアンインストールができない場合は、手順2に進み、削除ツールを実行してください。

    手順2:
    競合製品の削除ツールの実行
    ご使用されていたセキュリティ対策ソフトを完全に削除するために、対象となる製品の削除ツールを実行してください。
    製品名 Q&Aサイト (アンインストール方法、または、削除ツール)
    ウイルスバスター ウイルスバスター2012 2011 2010 こちら
    ウイルスバスター2009 こちら
    サポートツールを利用したウイルスバスター2011のアンインストール方法 こちら
    サポートツールを利用したウイルスバスター2009のアンインストール方法 こちら
    ウイルスバスター2008アンインストールツール こちら
    ノートン製品 Norton削除ツール こちら
    フレッツ・ウイルスクリア フレッツ・ウイルスクリア クライアントツール こちら
    マカフィー製品 アンインストール方法 こちら
    製品削除ツール こちら
  • マカフィー PC セキュリティセンターを利用中に「プログラムがインターネットアクセスを要求しています」と警告画面が表示されました。

    マカフィー PC セキュリティセンターのファイアウォール機能が表示するウインドウです。

    パソコンにインストールされているソフトウェア等が、パソコンから外部(インターネットや自宅ネットワークパソコンの共有フォルダ)へ、何らかの通信を行った際などにをマカフィー PC セキュリティセンターが検知し、パソコンの画面で通信の許可あるいはブロックの判断を要求するウインドウです。

    ウィンドウの[プログラム]欄に通信しようとしているプログラム名が表示されます。
    接続を許可するには[常に許可する]か[1回のみ許可]、見覚えがないソフトで許可しない場合は[ブロック]をクリックしてください。

    ※[ブロック]をクリックした場合、それ以降にプログラム規則を変更しない限り、
    ブロックされたプログラムのソフトはインターネットに接続できなくなりますのでご注意ください。
    [1回のみ許可]をクリックした場合、許可したプログラムがもう一度インターネットに接続しようとすると、ウインドウが表示されます。

  • 保護状態が赤になり、「更新の確認」メッセージが表示されました。

    手動更新をお試しください

    現象
    パソコンを起動後、保護状態が赤になり、「ご使用のパソコンは危険な状態です。」というメッセージが表示されます。
    セキュリティセンターを起動すると、以下のメッセージが表示されます。
    『更新の確認
    •ご使用のソフトウェアを更新できません。
    •インターネット接続を確認してください。』
    原因
    製品上のコンポーネントの一部が更新できていないために発生します。
    回避策
    手動更新を実行する
    手動更新を実行することにより問題を解決することができます。
    ※更新はYCVのインターネット回線以外でもご利用可能です。
    1. タスクトレイ(Mアイコン)を  右クリックします。
    2. [更新の確認]をクリックします。
    3. 更新が終了したら、保護状態が緑(ご使用のパソコンは保護されています。)に戻ったことを確認します。
      更新後、パソコンの再起動を求められる場合がありますので、その場合はパソコンの再起動を実施後に状態を確認ください。
    4. 更新を実施しても改善が無い場合は マカフィー PC セキュリティセンターを再インストールしてください。
  • マカフィー PC セキュリティセンターインストール後、メール送受信ができなくなりました。
    メールソフトを[ブロック]設定していませんか?
    1. タスクトレイの アイコンを右クリックし、[ マカフィー セキュリティセンターを開く]をクリックします。
    2. セキュリティセンターが起動しますので、 [ファイアウォール] をクリックします。
      続いて[設定]をクリックします。
    3. [プログラムのインターネット接続] をクリックします。
    4. ファイアウォールによって通信が制御されているプログラムの一覧が表示されます。
      一覧からお使いのメールソフト名(ここでは「Windows メール」)を探します。
      存在する場合は、アクセスが[許可]であることを確認します。
      [ブロック]になっている場合は、[編集]ボタンをクリックして、設定項目で[許可]に変更してください。
      存在しない場合は[追加]をクリックして、手動で追加します。
    5. [参照]ボタンをクリックします。
    6. お使いのメールソフト名(ここでは「Windows メール」)を選択し、[開く]をクリックします。
    7. [アクセス]が[許可]であることを確認し、[保存]をクリックします。
    8. お使いのメールソフト名(ここでは「Windows メール」)が、[許可]の状態で追加されたことを確認します。
    9. 再度、お使いのメールソフトにて、ネット接続が可能かどうかを確認してください。
  • マカフィー PC セキュリティセンターをインストールしたらインターネットの閲覧ができなくなりました
    ファイアウォールの設定をご確認ください
    「セキュリティレベル」が「通信遮断」になっていませんか?
    【1】
    1. タスクトレイの アイコンを右クリックし、[ マカフィー セキュリティセンターを開く]をクリックします。
    2. セキュリティセンターが起動しますので [ファイアウォール] をクリックし、続いて[設定]をクリックします。
    3. [セキュリティレベル]をクリックします。
      「通信遮断」になっていた場合は、「送信アクセス(推奨)」を選択し、[適用]をクリックします。
    4. 再度、ネット接続が可能かどうかを確認してください。

    ------------------------------------------------------------------------------

    【2】
    「プログラムのインターネット接続」でご使用のブラウザが「ブロック」に設定されていませんか?
    1. タスクトレイの アイコンを右クリックし、[ マカフィー セキュリティセンターを開く]をクリックします。
    2. セキュリティセンターが起動しますので [ファイアウォール] をクリックし、続いて[設定]をクリックします。
    3. [プログラムのインターネット接続] をクリックします。
    4. ファイアウォールによって通信が制御されているプログラムの一覧が表示されます。
      一覧からお使いのブラウザー名(ここでは「Internet Explorer」)を探します。
      存在する場合は、アクセスが[許可]であることを確認します。
      [ブロック]になっている場合は、[編集]ボタンをクリックして、設定項目で[許可]に変更してください。
      存在しない場合は[追加]をクリックして、手動で追加します。
    5. [参照]ボタンをクリックします。
    6. お使いのブラウザー名を選択し、[開く]をクリックします。
    7. [アクセス]が[許可]であることを確認し、[保存]をクリックします。
    8. お使いのブラウザー名が、[許可]の状態で追加されたことを確認します。
    9. 再度、お使いのブラウザーにて、ネット接続が可能かどうかを確認してください。

    ------------------------------------------------------------------------------

    【3】
    「ネットガード」の無効をお試しください。
    1. タスクトレイの アイコンを右クリックし、[ マカフィー セキュリティセンターを開く]をクリックします。
    2. セキュリティセンターが起動しますので [ファイアウォール] をクリックし、続いて[設定]をクリックします。
    3. 「ネットガード」をクリックします。
    4. 「ネットガードを有効にする(推奨)」のチェックを外します。
    5. 再度、ネット接続が可能かどうかを確認してください。

    ------------------------------------------------------------------------------

    上記のいずれを行っても改善しない場合は、ファイアウォールの初期化をお試しください。
    1. 「デフォルトに戻す」をクリックします。
    2. 再度、ネット接続が可能かどうかを確認してください。
  • 申し込み後、ダウンロードボタンを押すと、「パソコンに潜む脅威を確認しています」のメッセージの後「脅威の駆除中に問題が発生しました。」とエラーが出て、先に進めない。
    ■原因
    ご利用のパソコンが何らかのマルウェアに感染している可能性があり、なおかつその駆除に失敗した場合に発生するエラーです。
    解決するには次の方法をご確認ください。
    ■対処方法
    手順1:
    マカフィー社のウイルス駆除ツール「Stinger」を実施してください。
    • 「Stinger」のダウンロードはこちら
    • 検出時間はパソコンによって1時間程度かかる場合がございます。
    • tingerは全てのウィルス またはマルウェア駆除を約束するものではございません。
      マカフィー社が独自で定義した特定プログラムのみをチェックします。
    手順2:
    Stingerで駆除できた場合は、再度インストールをお試しください。
    • 改善しない場合は、「セーフモードとネットワーク」でパソコン起動して再度インストールをお試し下さい。
    手順3:
    手順1、2をお試しいただいても改善しない場合は、以下をお試しください。
    • システム時計(Windowsデスクトップ右下)が正しいかを確認してください。
      日時がずれていた場合は、正しい日時に修正のうえ再度インストールをお試しください。
    手順4:
    手順1、2、3をお試しいただいても解決しない場合は、お客さまのパソコン内に潜むマルウェア、ウィルス等が駆除できずに残っている可能性がございます。
    お手数ですが、ご利用のパソコンメーカー様にご相談の上、ウイルス等を完全に駆除いただいた後に再度インストールをお試しください。
  • YCV NETの解約またはメールアドレスの削除をしても、マカフィーPC セキュリティセンターは利用できますか?

    YCV NETの解約またはメールアドレスの削除をすると、マカフィー PC セキュリティセンターも解約になりますのでご利用いただけません。

    YCV NETを解約し、アカウントが削除されますと、アラート「ご使用のパソコンは危険な状態です」が出ます。
    YCV NETを解約すると、マカフィー PC セキュリティセンターも解約になりますので、マカフィー PC セキュリティセンターのすべての機能がご利用できなくなります。

    他社のセキュリティソフトをインストールされる際には、不具合が発生する可能性がありますので、
    マカフィー PC セキュリティセンターを事前にアンインストールされることをお勧めします。

    マカフィー PC セキュリティセンターのアンインストール方法はこちら

    【注意】
    アラート「ご使用のパソコンは危険な状態です」は、追加アカウントでマカフィー PC セキュリティセンターをインストールしていてインストールに利用した追加アカウントを削除した場合にも出ます。
    その場合は、アカウントを追加し、追加したアカウントでマカフィー PC セキュリティセンターを再インストールしてください。

  • マカフィーのアンインストールができません。

    マカフィーのアンインストールが正常に行えない場合は、
    マカフィー製品専用削除ツール(MCPR.exe)をご利用ください。

    ご利用前には必ず「ご利用になられる前の注意事項」をお読みください。

    ----------------------------------

    ご利用になられる前の注意事項
    [ご注意ください]
    Windows98またはMeをご利用の場合、不具合が発生する可能性がありますので
    削除ツール(MCPR.exe)を絶対に実行しないようお願いいたします。
    [使用できるOS]
    • Windows 7 SP1 (推奨)
    • Windows 8.1 (推奨)
    • Windows 10 (推奨)

    ----------------------------------

    ■ツールの利用手順

    *ツールの画面は英語表示となります。以下の手順を参考にして、操作を行ってください。

    こちらをクリックします。

    [実行]をクリックします。

    1. Windows 7を利用していて、ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は [はい] をクリックします。
    2. ”McAfee Software Removal”というタイトルの画面が表示されますので [Next] をクリックします。
    3. ”End User License Agreement”の画面が表示されますので [Agree] を選択して、 [Next] をクリックします。
    4. ”Security Validation”というタイトルの画面が表示されますので、 画面に表示されているアルファベットと数字を
      テキストボックスに入力して、 [Next] をクリックします。
      *実際にお客様のPCの画面に表示されているアルファベットと数字を入力してください。
    5. 製品の削除(アンインストール)が実行されます。
    6. ”Removal Complete”という画面が表示されたら [Restart] をクリックしてWindowsの再起動を行い、
      削除(アンインストール)を完了させてください。
    7. ”Are you sure you want to restart now?” という画面が表示されたら [Yes] をクリックして再起動を行います。